フリーエンジニアはとても魅力的な職業|クライアント選びが肝心

ウーマン

フリーの仕事での工夫とは

パソコンを使用する人

フリーエンジニアとしての働き方を選ぶ人が増えています。開発案件に関われるエンジニアの年齢は比較的若いものです。経験を重ねると管理職へと移る人が増えますし、現場業務にこだわるならば下請け業者へ出向するケースが増えます。若手のエンジニアが増えるのが理由ですが、そこでフリーエンジニアとして独立を考えるわけです。そこで注意が必要なのは、仕事を獲得するためのクライアントを確保しておくことです。できれば会社勤めをしている間に個人でも仕事を受けることで、独立後のコネを作っておくと役立ちます。このように、フリーエンジニアとして独立する後のことを考えておくことが大事です。また雑務が増えるので、その分業務に充てる時間が少ないことも考慮する必要があります。

フリーエンジニアとして仕事を得る手段として、客先常駐という形があります。一定期間は拘束されますが、個別で案件を受けるよりも安定した収入を得られるメリットがあります。また契約により毎月報酬を受け取ることができますが、個別安定は全てが終了するまでは無収入となります。そこで契約を結ぶ前に面接を受けることになります。その面接において工夫すべきことは、まず経歴としては直近の業務内容と成果、そして業務において工夫したことを添えることです。フリーエンジニアに求めるのは経験による柔軟性です。プロジェクト遂行における創意工夫は、一般の派遣社員にはなかなか期待できないものです。それをフォローできるスキルのアピールは効果的です。