フリーエンジニアはとても魅力的な職業|クライアント選びが肝心

男性

エンジニアとして生きる

オフィス

何にも縛られない働き方

フリーライター、フリーアナウンサー、フリーデザイナー。世間の「フリー」とつく仕事は、どうもおしゃれでいたい、それでいてハードルが高いような印象が付きまといます。どうしても、すごくエネルギッシュで、アクティブな人にしか「フリー」とつく仕事にはなれないような印象がありますが、実は、「フリーエンジニア」に関してはそんなことがありません。今時仕事はインターネット上で受注できますし、その時にクライアントが見るのは、能力と実績です。口が上手かったり、喋りにケレン味がある必要はありません。実直に、誠実に仕事をこなせる人であれば、誰でもなれるといっても過言ではないのがフリーエンジニアという仕事です。しかも、フリーエンジニアなら、どんな時間にどんな働き方をしても誰にも文句は言われません。クライアントとの契約さえ守れば、夜型人間だろうと、外に出ることが面倒だろうと、立派に働き続けることが出来るのです。決して肩肘張ってする必要があるような仕事ではないのです。

クライアント選びが大事

そんな、楽に働ける働き方として魅力的なフリーエンジニアですが、この仕事でしっかり生計を立てていくには、クライアント選びというものが非常に重要になってきます。最も重要なのは、クライアントが求めている成果物が、自分の能力でどの程度実現可能かということをしっかり認識しておくことです。インターネット上で仕事を受けることもあるとはいえ、契約は契約です。自分のする仕事には責任が伴いますし、受注した仕事は自分の実績になります。そのため、自分の能力に見合った案件を求めているクライアントをしっかり選ぶことが重要です。逆に言えば、クライアントを満足させられるような仕事をこなし続けていれば、あなたのフリーエンジニアとしての信頼はどんどん大きくなっていくということでもあります。幸い、今世間ではクラウドソーシングなどを扱うサービスもどんどん増えていて、フリーエンジニアとして働きやすい社会に向かいつつあります。存分に活用して、自分に合った働き方を探すといいでしょう。

能力を最大限に生かす

会社

フリーエンジニアにも色々なタイプがあり、お客様の要望もいろいろです。ですから、求人サイトなどに登録しておくことによって、仕事も得やすい状況を作り出せます。上手に活用してフリーエンジニアとして活躍しましょう。

読んでみよう

フリーの仕事での工夫とは

パソコンを使用する人

フリーエンジニアとして働くためには、まず独立前にある程度のクライアントを確保しておくことが必要です。そして客先常駐という形での契約ならば、定期的に報酬が入ることと、安定して仕事を獲得できる面でメリットが生まれます。

読んでみよう

エンジニアの働き方

オフィス

フリーエンジニアはフリーランスのエンジニアを指します。仕事は自分で営業をするか、営業会社に依頼して得るしかありません。あと、会社員時代よりも勉強することが多くなるので、むしろ勉強好きならばフリーエンジニアに向いているといえます。

読んでみよう